色情霊

色情霊のイメージ

色情霊とは、対象者に憑き、その性衝動を強く刺激する類の不浄霊です。憑依されると異性によからぬ想いを抱くようになったり、肉の欲望を抑えきれなくなったりします。あくまで不浄霊の種類のひとつに過ぎませんが、恋に何度も失敗している方、浮気症の方、また束縛が激し過ぎる方や、性欲が強い方などに憑いている場合が多く、放っておくとその方の人生をマイナス方向に大きく狂わせることもある、厄介な霊です。

色情霊の正体

色情霊の正体は成仏できない魂であり、元は生きた人間です。肉体の死を迎える際に性的な執着を残した者、色情に関する因縁を抱えたまま命を断った者などが、成仏せずに現世に留まり続けた場合、色情霊と化します。色情霊は明確な意志を持って人に害をなすわけではありません。これはあらゆる不浄霊に言える話ですが、彼らははっきり考えて行動しているわけではないのです。霊はただ自分が生前に抱いていた執着や願望をなぞるように行動します。そして、性衝動や愛欲をその原理に持つ霊が色情霊ということです。色情霊は時に西欧におけるサキュバスやインキュバスといった淫魔と混同されることもありますが、全く異なるものです。淫魔は妖精や妖怪の類であり、色情霊はあくまで未成仏の霊魂です。

色情霊に取り憑かれた人の特徴

色情霊は主に性衝動や愛欲が原因で現世に留まっています。ですから、それらを貪るためには必ず生きた人間に憑依しなければなりません。色情霊は不浄霊の中でも極めて人に取り憑きやすい性質を持つ霊です。取り憑かれると宿主は、その霊が持っている未練、性衝動や愛欲を求めるようになります。また淫らな夢を頻繁に見るようになります。睡眠時の人間は霊的に無防備な状態になり霊の干渉を極めて受けやすくなりますので、仮に色情霊に取り憑かれた場合、霊は宿主の性衝動を刺激する淫らな夢を多く見せ、肉欲を刺激し、思い通りに操ろうとするでしょう。そうして色情霊は宿主の頭の中を衝動でいっぱいにします。例えば性的に満たされない霊に憑依された場合、頭の中が性的な関心事でいっぱいになり、ひたすら性の刺激を求めるようになります。また愛欲に溺れて命を落とした霊に憑依された場合、恋愛対象を激しく求め、束縛し、異様な執着を見せるようになるでしょう。また浮気や不倫を繰り返したり、誰とでも性行為をしたりするようになる場合もあります。色情霊は宿主を死に誘おうとする霊ではありませんが、宿主の人生を破滅に追い込むタイプの霊です。

色情霊に取り憑かれないようにするには

色情霊は誰にでも取り憑くわけではありません。その霊が抱えている未練とよく似た欲望を強く抱いており、その上で霊的に不安定な状態になっている人間に取り憑きます。例えばあなたが不健全な生活を送り、性に飢え、四六時中淫らなことばかり考えていた場合。同じような未練を抱えた色情霊がすぐさま取り憑くでしょう。取り憑かれたら神社の神主や霊能者に祓ってもらうべきですが、それはあくまで対症療法に過ぎません。色情霊に取り憑かれないようにするには、本人が健全で理性的な生活を送ることが最も大切です。あらゆる不浄霊は、弱った人間の隙をついて憑依します。健全な状態の人間は邪気を弾くオーラを放っているので、近寄ることができません。本来、死んで成仏できない霊よりも生きた人間の方が断然強いのです。あなたが適度に恋を楽しみながら、恋愛や性にまつわる事柄以外にも興味を持ち、目の前にあることを楽しみ、充実した生活を送っていれば、色情霊に憑かれることはまずないと言えるでしょう。