記事一覧(執筆者別)- 3

S.マークス(心霊学研究者)

ウェールズのカーディフ生まれ、ロンドン在住の心霊学研究者。実妹が日本人と結婚したことを切っ掛けに日本語を覚え、独りで何度も来日しては各地の心霊スポット、パワースポットへと足を運ぶ日本通英国人。もっとも、外国人にはありがちだが、アキバにもハマったオタクでもある。研究者としては真面目な人物。

川辺あさ子(霊媒師・元津軽イタコ)

齢60歳を超えて、今なお現役の霊媒として活動している霊媒師。口寄せ可能なのは1日2人までと衰えを口にするも、相談依頼の無い日は原稿の執筆や山登りと、旺盛な体力を見せる人物。かつては恐山大祭中のイタコマチにも出ており、今でも多くの相談者から連絡が届くという。

1 2 3 4 5